デリケートゾーンのにおいには種類がある?種類と原因の関係は?

デリケートゾーンのにおいの種類によって原因がわかる!?

デリケートゾーンのにおいが気になる女性はたくさんいるようですが、そのにおいにはいろいろなタイプがあります。例えばアンモニア系のにおいだったり、酸っぱいにおいだったり、納豆のような発酵したにおいの人もいるようです。そのにおいの種類によって、どんな原因でにおいが出ているかがわかることもあるようですので、ここでデリケートゾーンのにおいをチェックしてみましょう。デリケートゾーンのにおいが気になる女性はたくさんいるようですが、そのにおいにはいろいろなタイプがあります。例えばアンモニア系のにおいだったり、酸っぱいにおいだったり、納豆のような発酵したにおいの人もいるようです。そのにおいの種類によって、どんな原因でにおいが出ているかがわかることもあるようですので、ここでデリケートゾーンのにおいをチェックしてみましょう。

確認してみよう、デリケートゾーンのにおいのをチェック!

①魚やイカのようなにおいがする場合
魚やイカのようなにおいというと、とても嫌なにおいですが、実際にそんなにおいがする人がいます。この場合細菌性の膣炎にかかっているケースが多いようです。細菌性腟炎は、性交渉で移るというものではなく、疲れが溜まっていたり過度なストレスを受けている場合に、膣内の免疫力が低下して、雑菌に負けてしまうことで起こります。この場合はしばらくすると治ることが多いですが、気になるからといって洗いすぎるとさらに炎症を悪化させてしまうので気をつけてくださいね。

②チーズっぽいにおいがする場合
デリケートゾーンや膣の奥からチーズっぽいにおいがするバイアも細菌性膣炎の可能性が高いです。細菌性腟炎は多くの女性がかかる症状で、カンジダよりもかかりやすい炎症だといわれているため、自分は病気だなどと落ち込む必要はありません。ほかの病気の可能性もあるので、できれば一度婦人科で診てもらい、病気にかかっていないか確認しましょう。

③酸っぱいにおいがする場合
デリケートゾーンから酸っぱいにおいがするという人は、膣炎などの病気の可能性は低いです。もともとおりものはかなり強い酸性で、酸っぱいにおいがします。体調などによってにおいが強く出たり、濃いおりものが出た場合などはにおいが強く出ることもありますが、たいていの場合はしばらくすると落ち着きます。ここで洗いすぎてしまうと、やはり膣炎などにかかりやすくなってしまいますのでデリケートゾーン専用の石鹸などを使用してやさしく洗うように心がけましょう。

④納豆のようなにおいがする場合
デリケートゾーンから納豆のようなにおいがする場合は、すそわきがだったり、カンジダにかかっている可能性があります。すそわきがの場合は、デリケートゾーンのにおいに特化したケアアイテムを使用することで緩和されますが、カンジダの場合は婦人科で薬を膣に入れてもらうなどの治療が必要になりますので、まずは婦人科に足を運びましょう。カンジダは体が弱っているときにかかりやすいので、かかってしまったからといって落ち込む必要はありません。粘膜の弱い人もかかりやすいです。

⑤そのほか、急にデリケートゾーンのにおいが強くなった場合
ごくまれですが、急にデリケートゾーンのにおいが強くなったときは、膣内にタンポンを入れ忘れたままにしてしまっていたり、肉食が続いていることなどが考えられます。タンポンを入れ忘れているときはかなり強いにおいになりますので、気付きやすいです。感染症にかかってしまっている可能性もありますので、婦人科で出していただくのが賢明です。

デリケートゾーンのにおいは食べ物が原因?改善方法は?

デリケートゾーンのにおいは食べ物が原因のことも!

デリケートゾーンのにおいに悩む女性は多いですよね。特に生理中などは経血に雑菌が混じってどうしてもにおいが気になってしまいます。けれど、生理中でもなく特に洗いすぎてもいない、清潔な状態を保っているのににおいが気になるという場合、食べ物が原因であることもあるようです。そこで、デリケートゾーンのにおいの原因となる食べ物や食生活をおさらいして、自分に当てはめてみましょう。当てはまる人は、食生活改善することでにおいが治まるかもしれませんよ。

デリケートゾーンのにおいの原因となる食べ物は?

デリケートゾーンのにおいの原因となる食べ物として代表的なのは、肉類です。外国人は肉食文化の地域が多いので、確かに体臭が強い人が多いですよね。その体臭を隠すために強い香水やお香を使用して、かなりきついにおいになっていることもあります。肉食は過酸化脂質を活性化させてしまい、これがにおいの原因となります。肉を食べても、野菜をしっかり食べていればそこまでにおいが強くなることはありませんが、肉を食べたらその倍量の野菜を食べるのが望ましいといわれていますので、そこまで野菜を食べている人は少ないかもしれませんね。次に、食品添加物もデリケートゾーンのにおいの原因となります。ファーストフードや加工食品、スナック菓子などには食品添加物がたくさん含まれていて、活性酸素を増やしてしまうので、できるだけ避けたいところです。では、野菜なら何を食べても問題ないのか、というとそうではなく、ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜は刺激臭があり、体臭の原因になるといわれています。ただし一過性のものなので、1日自宅にいる場合は食べても大丈夫そうですね。口臭の原因となる玉ねぎやにんにく、ニラなどもデリケートゾーンのにおいの原因になるといわれています。体によいので食べるのはよいですが。食べ過ぎには注意したいですね。食生活に気をつけることで腸内環境もよくなり、さらににおいを軽減する効果が期待できます。魚や野菜を中心としたヘルシーな食生活を心がけましょう。

その他、デリケートゾーンのにおいとなる原因

食べ物以外のデリケートゾーンのにおいの原因として大きいのは「ストレス」です。ストレスは活性酸素をとても増やしてしまうので、においの原因となります。においだけでなく、血管の働きを低下させてしまうので、動脈硬化など血管の病気を引き起こすことも。ストレスは本当に体に悪影響を与えてしまうのです。とはいえ、現代人がまったくのストレスを感じないで生きていくことは難しいと思われますので、大切なのはストレスを上手に発散すること。手軽にできるストレス解消法を見つけておき、定期的に楽しむようにしましょう。美食がストレス解消法という人もいるかもしれませんが、肉食に偏るとデリケートゾーンのにおいの原因となってしまいますので、スポーツなどで発散できるとよいですね。

デリケートゾーンのにおいを改善する薬ってあるの?

デリケートゾーンのにおいを抑える薬はあるの?

デリケートゾーンのにおいが気になるけれど、自分なりにケアをしてもにおいが改善されない場合、内服薬などでにおいを軽減することができないかと考える人がいます。薬を飲むだけでにおいが改善されればかなり手軽なのですが、残念ながらデリケートゾーンにおいを消すことに特化した薬というのは存在しないようです。ただし、性病などにかかっていて、デリケートゾーンのにおいが発生している場合は、薬を服用することで性病が治り、においもなくなるということは考えられます。まずは自分のデリケートゾーンのにおいが発生してしまっている理由を考えて、医師の診断が必要だと感じた場合は診察を受けてみましょう。症状によっては薬の服用で改善されることもあると思います。

では、デリケートゾーンのにおいはどうやって改善すればいいの?

まずは、洗い方を見直してみましょう。毎日洗っているという人でも、ひだの部分などをきちんと洗えておらず、垢が溜まってしまってにおいが出ていることが考えられます。デリケートゾーンを洗うときは必ず指の腹で、皮膚を傷つけないようやさしく洗うのがポイントです。しっかり細かい部分まで洗っているという人は、洗いすぎが原因で匂いが出てしまっている可能性があります。最近の若い女性に多いのが、ウォシュレットでトイレに行くたびにデリケートゾーンを洗っていて、デリケートゾーンの免疫力が低下してしまい、炎症を起こしてにおいが出てしまっているケースです。ウォシュレットを使っていなくても、ボディソープをたっぷりつけてゴシゴシ洗っているために免疫力が低下してしまっている場合もあります。デリケートゾーンは洗いすぎると自浄作用が低くなり、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、洗いすぎにはくれぐれも注意が必要です。そのほか、下着の雑菌が洗えていないためににおいが出ている可能性もありますので、一度下着を鍋で煮沸をすると、汚れや雑菌がしっかり落ちて、においが気にならなくなることがありますので、試してみてください。

デリケートゾーン専用のにおい対策アイテムを使ってみよう

特に洗いすぎが原因でデリケートゾーンのにおいが出てしまっている人は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用することで、においが改善される可能性が高いです。デリケートゾーン専用の石鹸は、洗いすぎを防いで汚れだけを落としてくれるので、常在菌まで洗い落としてしまうことがありません。また消臭成分を含んでいるものも多く、におい自体を軽減してくれる効果もあります。石鹸のほかにクリームやデオドラントスプレーなども販売されていて、これらも消臭成分がふんだんに配合されていますので、におい対策に大きく役立ってくれるでしょう。市販の制汗スプレーやデオドラントスプレーをデリケートゾーンに使用してしまうと、刺激が強すぎて炎症を起こしてしまい、さらににおいが強くなってしまうこともありますので使用しないようにしてくださいね。

デリケートゾーンのにおいケア、どうしてる?

デリケートゾーンのにおいケア、どうしてる?

生理中や夏場、スポーツをする際など、デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は多いと思います。皆さんそれぞれ自己流のケアをされているようですが、お互いどんなケアをしているのかはなかなか聞くことができませんよね。自分のケアが正しいのか、もっと効果的なケア方法を知りたいという人も多いと思いますので、ここで皆さんが行っているデリケートゾーンのにおいケアの方法について掘り下げてみたいと思います。

正しいと思っているケアが間違っていることも

まずは、「こまめに洗う」という方法です。これは正しいようでもあり、実は間違っているケア方法でもあります。洗うこと自体は、デリケートゾーンを清潔に保つために必要なことなのですが、洗いすぎるとにおいの原因になってしまうことがあるのです。陰部や膣は自浄作用を持っていて、自分で環境をよい状態にする機能があります。常在菌がデリケートゾーンの状態を管理しているのです。しかし洗いすぎてしまうと、常在菌まで洗い落とされてしまい、自浄作用が低下してしまいます。こうなると雑菌が繁殖しやすくなって炎症を起こし、においが出てしまうのです。夏場などに朝晩洗うのは悪いことではありませんが、ボディソープをたっぷりつけて洗うのは洗いすぎになります。お湯で流すだけにしたり、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うようにするなどの工夫が必要です。最近はトイレに行く度にウォシュレットでデリケートゾーンを洗っている人もいるようですが、これは炎症を起こす大きな原因となりますので避けましょう。次に、下着をこまめに変えるという方法をとっている人もいます。これは間違ったケア方法ではないのですが、洗濯の方法によっては雑菌がまだ付着していて、すぐににおいが出てしまうことがありますので、よい方法をご案内しましょう。毎回でなくてもよいので、下着を煮沸することで、繊維の間に入っている雑菌をきちんと落とすことができ、清潔な状態になります。実際にお鍋で煮沸してみると、汚れがどんどん出てくるので驚かれるかもしれません。こうして清潔な状態にした下着を身につけることで、においがかなり軽減されると思います。

専用のデリケートゾーンにおいケアアイテムなら安心

最近は利用している女性も多いようですが、デリケートゾーンのにおいに特化した専用のケア製品を使用することで、効率よくにおいを軽減することができます。においケアにはクリームや専用の石鹸、デオドラントスプレーなどがありますので、用途に合わせて使い分けるとより高い効果を得られます。デリケートゾーン専用のケア製品は、肌に必要な常在菌を残して、雑菌のみを除菌する機能が優れていますので、デリケートゾーンをよい状態に保つことが可能です。継続して使用することで、においが出にくい環境を作ることができますので、ぜひためしてみてはいかがでしょう。