デリケートゾーンのにおいの原因、あなたに当てはまるのは?

デリケートゾーンのにおいの原因を探る!

デリケートゾーンのにおいはとても気になりますよね。体臭の中でもかなり臭いので、恋人とのデートなどではさらに気を使います。自分なりにケアをしているつもりでも、なかなか改善されないという人も多いようですが、もしかすると原因に合わせたケアをしていないことが理由かもしれません。こちらでは、デリケートゾーンのにおいの原因とその対策方法をご案内しています。自分に当てはまるケア方法を見つけて、臭いとさよならしてしまいましょう。

デリケートゾーンのにおいの原因と対策方法

①夏の暑い時期やスポーツによって汗をかいた
夏はどうしても汗をかきやすく、それがデリケートゾーンのにおいにつながってしまうことがよくあります。スポーツをしたときなども同様です。この場合は、シャワーをこまめに浴びたり、デリケートゾーンのにおいに特化したケア用品を使用することで改善します。デリケートゾーン用の石鹸で洗ったあとに、デオドラントスプレーを吹きかけておくだけで、かなりにおいが出にくくなりますので、ぜひ試してみるとよいですよ。

②おりものが臭い
おりものが増えたり、においが強くなることにもいろいろな原因がありますが、体調によっておりものが強くにおうことがあります。この場合は一時的なものなので、やはりデリケートゾーン専用の石鹸でこまめに洗ったり、まめに下着を取り替えることで対処しましょう。感染症などが原因でにおいが強くなっている場合はこの限りではありません。

③清潔にしていない
きれいに洗っているつもりでも、ひだの部分に垢が溜まっているなど、清潔な状態を保っていないとにおいが強くなってしまいます。こちらも、デリケートゾーン専用の石鹸を使用して、細かい部分まで丁寧に洗うことで改善できます。逆に、洗いすぎによってにおいが強くなっている場合もあり、この場合は洗浄力の強いボディソープなどを使用していることが原因のこともあるようですので、やはり刺激の少ない専用石鹸を使用することで改善される可能性が高いです。

⑤すそわきがや加齢臭によるにおい
すそわきがについても、デリケートゾーンのにおいに効果のあるアイテムを使用することで改善される場合がありますが、かなり強いすそわきがは、完全ににおいを消すことが難しい場合があります。この場合は、婦人科で診察を受けて治療する必要があるかもしれません。加齢臭においては、加齢臭を軽減する成分が配合されたケア製品を使うことで改善される可能性が高いです。

⑥性病や膣炎などの陰部の病気
性病や膣炎などの陰部の疾患については、疾患を治さないとにおいを軽減することも難しいと思われます。こうした疾患にかかった際には、おりものの量が急に増えるなど異常が見受けられますので、速やかに医師の診察を受けてください。症状が治まれば自然とにおいも治まります。

⑦食生活
食生活が肉食に偏りすぎたり、食品添加物の多く含まれた食べ物を食べていると、体臭をはじめとしてデリケートゾーンのにおいも強くなります。できるだけビタミンの豊富な野菜を多く摂るように心がけ、タンパク質は大豆製品や魚で補うようにすると、においも軽減していくと思われますので試してみてください。

デリケートゾーンのにおい対策は専用石鹸がベスト!

デリケートゾーンのにおいの原因がボディソープかもしれない!?

デリケートゾーンのにおいが気になる人は、まず洗浄に使用している石鹸を見直してみましょう。洗浄力の強いボディソープを使用している場合、洗いすぎが原因でデリケートゾーンの免疫力が低下して、雑菌が繁殖してにおいのもとになっている可能性があります。数年前からデリケートゾーンを洗う際には専用の石鹸を使用するという考え方が女性の間で浸透していて、以前は店頭で見かけることは少なかったのですが、最近では市販の商品も増えて気軽に購入できるようになりました。デリケートゾーン専用の石鹸は、デリケートゾーンの肌に合わせた成分で作られているため刺激が少なく、また安心して使用できる消臭成分を配合している点がポイントです。デリケートゾーンは弱酸性の状態が望ましいのですが、ボディソープでは洗いすぎてしまうので、アルカリ性に傾いてしまいます。専用の石鹸なら弱酸性の状態を保つことができるという点もポイントです。

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶ際に気をつけたいポイント

デリケートゾーンのにおいが気になる人は、においの消臭に特化した商品を選ぶことをおすすめします。そのほか、黒ずみが気になる人には黒ずみ用の石鹸もありますので、こちらを使用してみましょう。また、どのタイプの石鹸を選ぶ場合も、できるだけ肌への刺激が少ないもので、保湿成分が豊富に含まれているものを選ぶようにしてください。デリケートゾーンを保湿しておくことは、黒ずみの予防につながるほか、粘膜を保護する役割も果たします。デリケートゾーンは粘膜なので、しっかり保湿しておくことで免疫力を保つことができ、炎症を起こしにくくするのです。そのほか、炎症を抑える成分や適度な殺菌成分が含まれているものもおすすめ。これらの成分については、化学成分ではなく植物由来の成分が使用されているものを選ぶようにしましょう。

デリケートゾーン専用石鹸の正しい使い方

これまで、デリケートゾーンを洗う際に洗い方を意識することはなかったという人も多いと思いますが、必ずデリケートゾーンは「やさしく洗う」ことを心がけてください。ボディタオルでこするのはもってのほか、必ず指の腹を使ってなでるように洗います。けれど、デリケートゾーンは構造が複雑なので、細かい部分も丁寧に洗うようにしましょう。ひだの部分に垢が溜まっていると雑菌が繁殖する原因となりますので、きちんと落としてくださいね。また、デリケートゾーン用の石鹸はしっかり泡立てるのが基本です。手では泡立てにくいという場合、専用の泡立てネットを使用すると簡単にたっぷりの泡が立ちます。黒ずみが気になる人は、この泡で泡パックをすると、美白成分がしっかりデリケートゾーンに浸透していきます。消臭成分も浸透していきますので、においが気になる人も軽く泡パックをするとよいですよ。丁寧にケアしてあげることで、デリケートゾーンのにおいは改善されていきますので、継続して行うよう意識してみてください。

デリケートゾーンのにおい対策はこうすればOK!

デリケートゾーンのにおい対策は原因に合わせて

デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は多いですが、その原因はそれぞれ異なっています。例えば、激しいスポーツで汗をかいてにおいが気になっている人もいるでしょうし、生理中で経血のにおいが気になるという人もいるでしょう。そのほか、自分では気づいていないけれど性病に感染していてにおいが出ているという人もいるかもしれません。デリケートゾーンのにおい対策は、これらの原因に合わせた対処が必要になります。まず性病についてですが、これは自己ケアでにおいを改善することは難しいですし、身体のためにまず性病を完治させなければなりません。性病にもいろいろありますが、においが出る病気で女性がかかりやすいものとしては「淋病」が挙げられます。淋病は女性の場合症状が出にくいのですが、おりもののにおいが強くなることがありますので、急におりものが増えてにおいが強くなったという人は、一度婦人科で診てもらうことをおすすめします。そのほか、性病とは異なりますが膣が炎症を起こしている場合もにおいが出ることがあります。こちらもおりものの異常が見受けられると思われますので、異常を感じたら婦人科で診てもらいましょう。スポーツによる発汗や季節に応じた発汗、生理中などの場合は自己ケアで改善する可能性が高いです。すそわきがについても自己ケアでにおいを軽減できることが多いですが、あまりひどい場合は病院で診ていただくのもひとつの方法です。

自己ケアで改善できるデリケートゾーンのにおい対策は?

自己ケアでにおいを改善できる原因であれば、清潔を心がけることや、デリケートゾーン専用のアイテムを使用することで改善できます。清潔といっても、洗いすぎると炎症を起こす原因となり、においがひどくなってしまいますので、やはりデリケートゾーン専用の石鹸を使用して、肌に負担をかけずに洗うのがポイントです。デリケートゾーン専用の石鹸は肌に必要な常在菌を残して洗い上げるので、デリケートゾーンをよい状態に保ってくれます。また、デリケートゾーン専用のデオドラントスプレーもあり、専用石鹸で洗ったあとにスプレーしておくと、においが出にくくなったり、においが気になるときにスプレーすれば、においが消えるなどの効果が期待できます。

デリケートゾーンのにおい対策アイテムを使用する際の注意点

デリケートゾーンのにおい対策アイテムは、その使用感がやさしいので効果が出ているかどうかがわからず、つい使いすぎてしまう人がいるようです。基本的にどの商品も大容量ではないので、たくさん使っているとあっという間になくなってしまいます。また、たくさん使用したからといって効果が高くなるわけではないので、必要な頻度で必要な分だけ使用するように気をつけましょう。あと、におい大作アイテムがシリーズで販売されているメーカーもありますので、併用することでより効率よくにおいを軽減することができると思います。

デリケートゾーンのにおいケアにおすすめのクリームはこれ!

デリケートゾーンのにおい用クリームを選ぶ際のポイント

最近は、デリケートゾーンのにおいに特化したクリームがたくさん販売されていますので、どれを選べばよいか悩んでしまいますね。クリームを選ぶ際のポイントは、まず「医薬部外品」の認定を受けている商品を選ぶとよいようです。医薬品ではないので、医療として使用できるものではありませんが、安心して使用できるという認定を受けている上に、効果もきちんとあると認められていることになりますので、信頼できます。また、デリケートゾーンに安心して使用でき、かつ消臭効果の高い成分として、「イソプロピルメチルフェノール」と「パラフェニレンジアミン酸亜鉛」という2つの成分が挙げられます。これらの成分を使用している製品は、雑菌の繁殖や汗を抑えて、においを軽減する効果があると考えてよいでしょう。

安心して使用できるおすすめのデリケートゾーンのにおい用クリーム5選

①クリアネオ
クリアネオは医薬部外品の認定を受けている商品で、表示指定成分が無添加、植物性の成分を豊富に配合している、安心して使えるデリケートゾーンのにおいを抑えてくれるクリームです。リピート率もかなり高く、返品や返金に対する保証も手厚いので、サービス面でも安心して購入できると定評があります。

②ノアンデ
ノアンデも医薬部外品の認定を受けている商品で、こちらも表示指定成分は無添加、植物性の消臭成分を中心に肌にやさしい製法で作られた商品です。なんと自社で200名のスタッフを用いでパッチテストを行い、アレルギーが出ないことを確認されたそうですので、肌が弱い人やアレルギー体質の人も安心して使えることが証明されています。万が一肌に合わなかった場合は、最大120日以内であれば返品、返金していただけますので、通販でも気軽にチャレンジできるのがうれしいですね。

③ラポマイン
こちらも、クリアネオやのマンで同様、表示指定成分が無添加の医薬部外品です。なんと21種類もの植物由来の保湿成分を配合していて、すべて国内で製造され、品質管理されています。90日以内であれば返品可能ですので、こちらも思い切ってチャレンジしやすい商品です。ほかの商品と比較すると、効果が出るまでに時間がかかる人が多いようですが、継続して使用することで、がんこなすそわきがも改善されたという声もあります。においの改善のほかに、黒ずみや抑毛効果も期待できるようです。

④アクアデオ
おしゃれなパッケージで持ち運びしやすいこちらの商品も、表示指定成分無添加の医薬部外品です。返金保証制度はないようなので、いきなり現品を購入することに躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、肌にやさしく使いやすいという口コミを多くみかけます。におい改善のほか、美肌効果が期待できる成分が豊富に含まれています。

⑤クリアンテ
クリアンテも表示指定成分無添加の医薬部外品で、なんと永久の返金保証制度を設けているのがポイントです。制汗効果が高いため、汗がにおいのもとになっている人には高い効果が期待できます。ただこまめに塗りなす必要があるようですので、持続性は少し低いようです。

市販品のデリケートゾーンのにおい対策アイテムをご紹介!

デリケートゾーンのにおい対策アイテムに市販品はある?

女性は陰部の構造上、デリケートゾーンのにおいが気になる時期が必ずあると思います。普段はさほど気にならなくても、生理中はやはり気になるでしょうし、夏場などのムレやすい時期もにおいが心配になりますよね。こまめに洗っていると、洗いすぎによってデリケートゾーンが雑菌に負けてしまい、においが強くなってしまうことも考えられます。デリケートゾーンのにおいケアアイテムを使用するのが望ましいですが、市販品はあるのでしょうか?結論からいうと、品数は少ないものの、薬局やドラッグストアなど店頭で購入できる商品はあります。主にデリケートゾーン専用の石鹸で、肌に負担をかけず、汚れはきちんと落として必要な常在菌を残してくれるので、デリケートゾーンの自浄作用を低下させることなく、よい状態に保ってくれます。そのほかには、においが気になったときに使用するワイプや、デオドラントスプレーなどがありますが、デオドラントスプレーはドラッグストアなどではあまり販売されておらず、オーガニックコスメ専門店などで購入できるようです。

市販のデリケートゾーンアイテムの使用で注意したい点

デリケートゾーン専用の石鹸は、においを抑える目的で作られているものも多いので、使用することで今までよりもにおいが気にならなくなると思います。ただ。デリケートゾーン用のワイプにおいては、デリケートゾーンを拭いてもにおいの軽減にはあまり効果を感じられないことがあるようです。確かに一時的にはにおいが軽減されるのですが、しばらくするとまた気になりだしてしまうようなので、思うような効果が得られない場合があります。また、ワイプは香りがついているものもあり、その香りとデリケートゾーンのにおいが混じってさらににおいが強くなってしまうことがあるようです。そのほか、まれにワキなどに使用する制汗スプレーをデリケートゾーンに使用する人がいるようですが、これは絶対におすすめできません。制汗スプレーには化学物質がたくさん使われており、デリケートゾーンに使用するとその刺激に耐えられず、炎症や肌トラブルの原因になってしまう可能性が高いのです。

デリケートゾーンのにおい対策は専用アイテムがベスト!

市販品でデリケートゾーンのにおいを軽減できるアイテムは少ないですが、通販ではたくさんの商品が販売されています。デリケートゾーン専用の石鹸もたくさんありますし、デリケートゾーン専用のデオドラントスプレーもあり、気になった時に一吹きすることでにおいを軽減できます。シリーズで展開しているメーカーもあるので、併用して使用することで、よりにおいを効率的に軽減することができるでしょう。デリケートゾーン専用のアイテムは、肌が敏感な人でも安心して使用できるように作られているほか、デリケートゾーンに合った成分を配合しているので、肌トラブルなどの心配もありません。インターネットで気軽に入手できますので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

デリケートゾーンのにおい対策に有効な方法は?

デリケートゾーンのにおい対策、どうしてる?

デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は多いですが、なかなか対策方法について友達に尋ねることはできませんよね。デリケートゾーンのにおいについては、常に気になっているという人と、たまに気になるという人、生理中のみ気になるという人など、その感じ方はさまざまで、そのタイプによってケア方法も異なるようです。デリケートゾーンのにおいの原因もさまざまですが、生理中であれば経血によって雑菌が発生しやすくなり、においが出てしまっていることが多いです。そのほか、風邪などで免疫力が低下し、デリケートゾーンの雑菌が繁殖しやすくなっていたり、恋人やご主人との営みにの際に雑菌が繁殖してしまった、ということもあります。こちらでは、これらデリケートゾーンのにおいについて、おすすめの対策方法についてご紹介していきたいと思います。

原因によって対策方法は異なってくる

デリケートゾーンがにおう原因のひとつに、「洗いすぎ」も挙げられます。においが気になるからといって、刺激の強いボディソープでゴシゴシ洗うことを続けていると。デリケートゾーンが本来持っている自浄作用が低くなってしまい、雑菌に負けてにおいを発してしまうのです。この場合は、まずは洗いすぎをやめて、刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸などで洗うようにすることで改善される場合があります。恋人やご主人との営みのあとからにおいが気になりだしたという場合は、まずは営みの回数を少し減らし、おりものの状態をチェックしてみましょう。普段よりも多い、黄色いなどの異常が見られる場合は、膣内で炎症を起こし、それがにおいの原因となってしまっている可能性があります。このときは、婦人科で治療を受けることでにおいはなくなるはずです。夜の営みにおいては、粘膜がきちんと分泌されていない状態で行うと膣に傷がつき、炎症の原因となりますので、粘膜の分泌が少ない人はローションなどを使用するのもひとつの方法です。

その他のデリケートゾーンのにおい対策

生理中ににおいが強くなるのは、ある程度は仕方がないことかもしれません。ただ、あまり強い場合は婦人科で相談するのもひとつの方法です。洗いすぎはよくないのですが、生理中だけはウォシュレットなどで経血をきれいにして、デオドラントスプレーを使用することでだいぶにおいは軽減されると思います。すそわきがなどが原因でにおいが強い場合は、におい対策ようのソープを使用したり、同じくデオドラントスプレーを使用することでにおいが軽減される場合も多いですが、かなりにおいがきつい場合は皮膚科や婦人科に相談してもよいかもしれません。耳垢がねばついている人はすそわきがの可能性が高いといわれていますので、耳垢をチェックしてみてください。最近はデリケートゾーンのにおい対策用アイテムがいろいろと販売されていますので、上手に活用することでかなりにおいを抑えることができます。ぜひ一度ためしてみてはいかがでしょう。