デリケートゾーンのにおいケア、どうしてる?

デリケートゾーンのにおいケア、どうしてる?

生理中や夏場、スポーツをする際など、デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は多いと思います。皆さんそれぞれ自己流のケアをされているようですが、お互いどんなケアをしているのかはなかなか聞くことができませんよね。自分のケアが正しいのか、もっと効果的なケア方法を知りたいという人も多いと思いますので、ここで皆さんが行っているデリケートゾーンのにおいケアの方法について掘り下げてみたいと思います。

正しいと思っているケアが間違っていることも

まずは、「こまめに洗う」という方法です。これは正しいようでもあり、実は間違っているケア方法でもあります。洗うこと自体は、デリケートゾーンを清潔に保つために必要なことなのですが、洗いすぎるとにおいの原因になってしまうことがあるのです。陰部や膣は自浄作用を持っていて、自分で環境をよい状態にする機能があります。常在菌がデリケートゾーンの状態を管理しているのです。しかし洗いすぎてしまうと、常在菌まで洗い落とされてしまい、自浄作用が低下してしまいます。こうなると雑菌が繁殖しやすくなって炎症を起こし、においが出てしまうのです。夏場などに朝晩洗うのは悪いことではありませんが、ボディソープをたっぷりつけて洗うのは洗いすぎになります。お湯で流すだけにしたり、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うようにするなどの工夫が必要です。最近はトイレに行く度にウォシュレットでデリケートゾーンを洗っている人もいるようですが、これは炎症を起こす大きな原因となりますので避けましょう。次に、下着をこまめに変えるという方法をとっている人もいます。これは間違ったケア方法ではないのですが、洗濯の方法によっては雑菌がまだ付着していて、すぐににおいが出てしまうことがありますので、よい方法をご案内しましょう。毎回でなくてもよいので、下着を煮沸することで、繊維の間に入っている雑菌をきちんと落とすことができ、清潔な状態になります。実際にお鍋で煮沸してみると、汚れがどんどん出てくるので驚かれるかもしれません。こうして清潔な状態にした下着を身につけることで、においがかなり軽減されると思います。

専用のデリケートゾーンにおいケアアイテムなら安心

最近は利用している女性も多いようですが、デリケートゾーンのにおいに特化した専用のケア製品を使用することで、効率よくにおいを軽減することができます。においケアにはクリームや専用の石鹸、デオドラントスプレーなどがありますので、用途に合わせて使い分けるとより高い効果を得られます。デリケートゾーン専用のケア製品は、肌に必要な常在菌を残して、雑菌のみを除菌する機能が優れていますので、デリケートゾーンをよい状態に保つことが可能です。継続して使用することで、においが出にくい環境を作ることができますので、ぜひためしてみてはいかがでしょう。