デリケートゾーンのにおいを改善する薬ってあるの?

デリケートゾーンのにおいを抑える薬はあるの?

デリケートゾーンのにおいが気になるけれど、自分なりにケアをしてもにおいが改善されない場合、内服薬などでにおいを軽減することができないかと考える人がいます。薬を飲むだけでにおいが改善されればかなり手軽なのですが、残念ながらデリケートゾーンにおいを消すことに特化した薬というのは存在しないようです。ただし、性病などにかかっていて、デリケートゾーンのにおいが発生している場合は、薬を服用することで性病が治り、においもなくなるということは考えられます。まずは自分のデリケートゾーンのにおいが発生してしまっている理由を考えて、医師の診断が必要だと感じた場合は診察を受けてみましょう。症状によっては薬の服用で改善されることもあると思います。

では、デリケートゾーンのにおいはどうやって改善すればいいの?

まずは、洗い方を見直してみましょう。毎日洗っているという人でも、ひだの部分などをきちんと洗えておらず、垢が溜まってしまってにおいが出ていることが考えられます。デリケートゾーンを洗うときは必ず指の腹で、皮膚を傷つけないようやさしく洗うのがポイントです。しっかり細かい部分まで洗っているという人は、洗いすぎが原因で匂いが出てしまっている可能性があります。最近の若い女性に多いのが、ウォシュレットでトイレに行くたびにデリケートゾーンを洗っていて、デリケートゾーンの免疫力が低下してしまい、炎症を起こしてにおいが出てしまっているケースです。ウォシュレットを使っていなくても、ボディソープをたっぷりつけてゴシゴシ洗っているために免疫力が低下してしまっている場合もあります。デリケートゾーンは洗いすぎると自浄作用が低くなり、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、洗いすぎにはくれぐれも注意が必要です。そのほか、下着の雑菌が洗えていないためににおいが出ている可能性もありますので、一度下着を鍋で煮沸をすると、汚れや雑菌がしっかり落ちて、においが気にならなくなることがありますので、試してみてください。

デリケートゾーン専用のにおい対策アイテムを使ってみよう

特に洗いすぎが原因でデリケートゾーンのにおいが出てしまっている人は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用することで、においが改善される可能性が高いです。デリケートゾーン専用の石鹸は、洗いすぎを防いで汚れだけを落としてくれるので、常在菌まで洗い落としてしまうことがありません。また消臭成分を含んでいるものも多く、におい自体を軽減してくれる効果もあります。石鹸のほかにクリームやデオドラントスプレーなども販売されていて、これらも消臭成分がふんだんに配合されていますので、におい対策に大きく役立ってくれるでしょう。市販の制汗スプレーやデオドラントスプレーをデリケートゾーンに使用してしまうと、刺激が強すぎて炎症を起こしてしまい、さらににおいが強くなってしまうこともありますので使用しないようにしてくださいね。