デリケートゾーンのにおいは食べ物が原因?改善方法は?

デリケートゾーンのにおいは食べ物が原因のことも!

デリケートゾーンのにおいに悩む女性は多いですよね。特に生理中などは経血に雑菌が混じってどうしてもにおいが気になってしまいます。けれど、生理中でもなく特に洗いすぎてもいない、清潔な状態を保っているのににおいが気になるという場合、食べ物が原因であることもあるようです。そこで、デリケートゾーンのにおいの原因となる食べ物や食生活をおさらいして、自分に当てはめてみましょう。当てはまる人は、食生活改善することでにおいが治まるかもしれませんよ。

デリケートゾーンのにおいの原因となる食べ物は?

デリケートゾーンのにおいの原因となる食べ物として代表的なのは、肉類です。外国人は肉食文化の地域が多いので、確かに体臭が強い人が多いですよね。その体臭を隠すために強い香水やお香を使用して、かなりきついにおいになっていることもあります。肉食は過酸化脂質を活性化させてしまい、これがにおいの原因となります。肉を食べても、野菜をしっかり食べていればそこまでにおいが強くなることはありませんが、肉を食べたらその倍量の野菜を食べるのが望ましいといわれていますので、そこまで野菜を食べている人は少ないかもしれませんね。次に、食品添加物もデリケートゾーンのにおいの原因となります。ファーストフードや加工食品、スナック菓子などには食品添加物がたくさん含まれていて、活性酸素を増やしてしまうので、できるだけ避けたいところです。では、野菜なら何を食べても問題ないのか、というとそうではなく、ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜は刺激臭があり、体臭の原因になるといわれています。ただし一過性のものなので、1日自宅にいる場合は食べても大丈夫そうですね。口臭の原因となる玉ねぎやにんにく、ニラなどもデリケートゾーンのにおいの原因になるといわれています。体によいので食べるのはよいですが。食べ過ぎには注意したいですね。食生活に気をつけることで腸内環境もよくなり、さらににおいを軽減する効果が期待できます。魚や野菜を中心としたヘルシーな食生活を心がけましょう。

その他、デリケートゾーンのにおいとなる原因

食べ物以外のデリケートゾーンのにおいの原因として大きいのは「ストレス」です。ストレスは活性酸素をとても増やしてしまうので、においの原因となります。においだけでなく、血管の働きを低下させてしまうので、動脈硬化など血管の病気を引き起こすことも。ストレスは本当に体に悪影響を与えてしまうのです。とはいえ、現代人がまったくのストレスを感じないで生きていくことは難しいと思われますので、大切なのはストレスを上手に発散すること。手軽にできるストレス解消法を見つけておき、定期的に楽しむようにしましょう。美食がストレス解消法という人もいるかもしれませんが、肉食に偏るとデリケートゾーンのにおいの原因となってしまいますので、スポーツなどで発散できるとよいですね。