デリケートゾーンのにおいの原因、あなたに当てはまるのは?

デリケートゾーンのにおいの原因を探る!

デリケートゾーンのにおいはとても気になりますよね。体臭の中でもかなり臭いので、恋人とのデートなどではさらに気を使います。自分なりにケアをしているつもりでも、なかなか改善されないという人も多いようですが、もしかすると原因に合わせたケアをしていないことが理由かもしれません。こちらでは、デリケートゾーンのにおいの原因とその対策方法をご案内しています。自分に当てはまるケア方法を見つけて、臭いとさよならしてしまいましょう。

デリケートゾーンのにおいの原因と対策方法

①夏の暑い時期やスポーツによって汗をかいた
夏はどうしても汗をかきやすく、それがデリケートゾーンのにおいにつながってしまうことがよくあります。スポーツをしたときなども同様です。この場合は、シャワーをこまめに浴びたり、デリケートゾーンのにおいに特化したケア用品を使用することで改善します。デリケートゾーン用の石鹸で洗ったあとに、デオドラントスプレーを吹きかけておくだけで、かなりにおいが出にくくなりますので、ぜひ試してみるとよいですよ。

②おりものが臭い
おりものが増えたり、においが強くなることにもいろいろな原因がありますが、体調によっておりものが強くにおうことがあります。この場合は一時的なものなので、やはりデリケートゾーン専用の石鹸でこまめに洗ったり、まめに下着を取り替えることで対処しましょう。感染症などが原因でにおいが強くなっている場合はこの限りではありません。

③清潔にしていない
きれいに洗っているつもりでも、ひだの部分に垢が溜まっているなど、清潔な状態を保っていないとにおいが強くなってしまいます。こちらも、デリケートゾーン専用の石鹸を使用して、細かい部分まで丁寧に洗うことで改善できます。逆に、洗いすぎによってにおいが強くなっている場合もあり、この場合は洗浄力の強いボディソープなどを使用していることが原因のこともあるようですので、やはり刺激の少ない専用石鹸を使用することで改善される可能性が高いです。

⑤すそわきがや加齢臭によるにおい
すそわきがについても、デリケートゾーンのにおいに効果のあるアイテムを使用することで改善される場合がありますが、かなり強いすそわきがは、完全ににおいを消すことが難しい場合があります。この場合は、婦人科で診察を受けて治療する必要があるかもしれません。加齢臭においては、加齢臭を軽減する成分が配合されたケア製品を使うことで改善される可能性が高いです。

⑥性病や膣炎などの陰部の病気
性病や膣炎などの陰部の疾患については、疾患を治さないとにおいを軽減することも難しいと思われます。こうした疾患にかかった際には、おりものの量が急に増えるなど異常が見受けられますので、速やかに医師の診察を受けてください。症状が治まれば自然とにおいも治まります。

⑦食生活
食生活が肉食に偏りすぎたり、食品添加物の多く含まれた食べ物を食べていると、体臭をはじめとしてデリケートゾーンのにおいも強くなります。できるだけビタミンの豊富な野菜を多く摂るように心がけ、タンパク質は大豆製品や魚で補うようにすると、においも軽減していくと思われますので試してみてください。