デリケートゾーンのにおいには種類がある?種類と原因の関係は?

デリケートゾーンのにおいの種類によって原因がわかる!?

デリケートゾーンのにおいが気になる女性はたくさんいるようですが、そのにおいにはいろいろなタイプがあります。例えばアンモニア系のにおいだったり、酸っぱいにおいだったり、納豆のような発酵したにおいの人もいるようです。そのにおいの種類によって、どんな原因でにおいが出ているかがわかることもあるようですので、ここでデリケートゾーンのにおいをチェックしてみましょう。デリケートゾーンのにおいが気になる女性はたくさんいるようですが、そのにおいにはいろいろなタイプがあります。例えばアンモニア系のにおいだったり、酸っぱいにおいだったり、納豆のような発酵したにおいの人もいるようです。そのにおいの種類によって、どんな原因でにおいが出ているかがわかることもあるようですので、ここでデリケートゾーンのにおいをチェックしてみましょう。

確認してみよう、デリケートゾーンのにおいのをチェック!

①魚やイカのようなにおいがする場合
魚やイカのようなにおいというと、とても嫌なにおいですが、実際にそんなにおいがする人がいます。この場合細菌性の膣炎にかかっているケースが多いようです。細菌性腟炎は、性交渉で移るというものではなく、疲れが溜まっていたり過度なストレスを受けている場合に、膣内の免疫力が低下して、雑菌に負けてしまうことで起こります。この場合はしばらくすると治ることが多いですが、気になるからといって洗いすぎるとさらに炎症を悪化させてしまうので気をつけてくださいね。

②チーズっぽいにおいがする場合
デリケートゾーンや膣の奥からチーズっぽいにおいがするバイアも細菌性膣炎の可能性が高いです。細菌性腟炎は多くの女性がかかる症状で、カンジダよりもかかりやすい炎症だといわれているため、自分は病気だなどと落ち込む必要はありません。ほかの病気の可能性もあるので、できれば一度婦人科で診てもらい、病気にかかっていないか確認しましょう。

③酸っぱいにおいがする場合
デリケートゾーンから酸っぱいにおいがするという人は、膣炎などの病気の可能性は低いです。もともとおりものはかなり強い酸性で、酸っぱいにおいがします。体調などによってにおいが強く出たり、濃いおりものが出た場合などはにおいが強く出ることもありますが、たいていの場合はしばらくすると落ち着きます。ここで洗いすぎてしまうと、やはり膣炎などにかかりやすくなってしまいますのでデリケートゾーン専用の石鹸などを使用してやさしく洗うように心がけましょう。

④納豆のようなにおいがする場合
デリケートゾーンから納豆のようなにおいがする場合は、すそわきがだったり、カンジダにかかっている可能性があります。すそわきがの場合は、デリケートゾーンのにおいに特化したケアアイテムを使用することで緩和されますが、カンジダの場合は婦人科で薬を膣に入れてもらうなどの治療が必要になりますので、まずは婦人科に足を運びましょう。カンジダは体が弱っているときにかかりやすいので、かかってしまったからといって落ち込む必要はありません。粘膜の弱い人もかかりやすいです。

⑤そのほか、急にデリケートゾーンのにおいが強くなった場合
ごくまれですが、急にデリケートゾーンのにおいが強くなったときは、膣内にタンポンを入れ忘れたままにしてしまっていたり、肉食が続いていることなどが考えられます。タンポンを入れ忘れているときはかなり強いにおいになりますので、気付きやすいです。感染症にかかってしまっている可能性もありますので、婦人科で出していただくのが賢明です。