デリケートゾーンのにおい対策は専用石鹸がベスト!

デリケートゾーンのにおいの原因がボディソープかもしれない!?

デリケートゾーンのにおいが気になる人は、まず洗浄に使用している石鹸を見直してみましょう。洗浄力の強いボディソープを使用している場合、洗いすぎが原因でデリケートゾーンの免疫力が低下して、雑菌が繁殖してにおいのもとになっている可能性があります。数年前からデリケートゾーンを洗う際には専用の石鹸を使用するという考え方が女性の間で浸透していて、以前は店頭で見かけることは少なかったのですが、最近では市販の商品も増えて気軽に購入できるようになりました。デリケートゾーン専用の石鹸は、デリケートゾーンの肌に合わせた成分で作られているため刺激が少なく、また安心して使用できる消臭成分を配合している点がポイントです。デリケートゾーンは弱酸性の状態が望ましいのですが、ボディソープでは洗いすぎてしまうので、アルカリ性に傾いてしまいます。専用の石鹸なら弱酸性の状態を保つことができるという点もポイントです。

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶ際に気をつけたいポイント

デリケートゾーンのにおいが気になる人は、においの消臭に特化した商品を選ぶことをおすすめします。そのほか、黒ずみが気になる人には黒ずみ用の石鹸もありますので、こちらを使用してみましょう。また、どのタイプの石鹸を選ぶ場合も、できるだけ肌への刺激が少ないもので、保湿成分が豊富に含まれているものを選ぶようにしてください。デリケートゾーンを保湿しておくことは、黒ずみの予防につながるほか、粘膜を保護する役割も果たします。デリケートゾーンは粘膜なので、しっかり保湿しておくことで免疫力を保つことができ、炎症を起こしにくくするのです。そのほか、炎症を抑える成分や適度な殺菌成分が含まれているものもおすすめ。これらの成分については、化学成分ではなく植物由来の成分が使用されているものを選ぶようにしましょう。

デリケートゾーン専用石鹸の正しい使い方

これまで、デリケートゾーンを洗う際に洗い方を意識することはなかったという人も多いと思いますが、必ずデリケートゾーンは「やさしく洗う」ことを心がけてください。ボディタオルでこするのはもってのほか、必ず指の腹を使ってなでるように洗います。けれど、デリケートゾーンは構造が複雑なので、細かい部分も丁寧に洗うようにしましょう。ひだの部分に垢が溜まっていると雑菌が繁殖する原因となりますので、きちんと落としてくださいね。また、デリケートゾーン用の石鹸はしっかり泡立てるのが基本です。手では泡立てにくいという場合、専用の泡立てネットを使用すると簡単にたっぷりの泡が立ちます。黒ずみが気になる人は、この泡で泡パックをすると、美白成分がしっかりデリケートゾーンに浸透していきます。消臭成分も浸透していきますので、においが気になる人も軽く泡パックをするとよいですよ。丁寧にケアしてあげることで、デリケートゾーンのにおいは改善されていきますので、継続して行うよう意識してみてください。