デリケートゾーンのにおい対策に有効な方法は?

デリケートゾーンのにおい対策、どうしてる?

デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は多いですが、なかなか対策方法について友達に尋ねることはできませんよね。デリケートゾーンのにおいについては、常に気になっているという人と、たまに気になるという人、生理中のみ気になるという人など、その感じ方はさまざまで、そのタイプによってケア方法も異なるようです。デリケートゾーンのにおいの原因もさまざまですが、生理中であれば経血によって雑菌が発生しやすくなり、においが出てしまっていることが多いです。そのほか、風邪などで免疫力が低下し、デリケートゾーンの雑菌が繁殖しやすくなっていたり、恋人やご主人との営みにの際に雑菌が繁殖してしまった、ということもあります。こちらでは、これらデリケートゾーンのにおいについて、おすすめの対策方法についてご紹介していきたいと思います。

原因によって対策方法は異なってくる

デリケートゾーンがにおう原因のひとつに、「洗いすぎ」も挙げられます。においが気になるからといって、刺激の強いボディソープでゴシゴシ洗うことを続けていると。デリケートゾーンが本来持っている自浄作用が低くなってしまい、雑菌に負けてにおいを発してしまうのです。この場合は、まずは洗いすぎをやめて、刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸などで洗うようにすることで改善される場合があります。恋人やご主人との営みのあとからにおいが気になりだしたという場合は、まずは営みの回数を少し減らし、おりものの状態をチェックしてみましょう。普段よりも多い、黄色いなどの異常が見られる場合は、膣内で炎症を起こし、それがにおいの原因となってしまっている可能性があります。このときは、婦人科で治療を受けることでにおいはなくなるはずです。夜の営みにおいては、粘膜がきちんと分泌されていない状態で行うと膣に傷がつき、炎症の原因となりますので、粘膜の分泌が少ない人はローションなどを使用するのもひとつの方法です。

その他のデリケートゾーンのにおい対策

生理中ににおいが強くなるのは、ある程度は仕方がないことかもしれません。ただ、あまり強い場合は婦人科で相談するのもひとつの方法です。洗いすぎはよくないのですが、生理中だけはウォシュレットなどで経血をきれいにして、デオドラントスプレーを使用することでだいぶにおいは軽減されると思います。すそわきがなどが原因でにおいが強い場合は、におい対策ようのソープを使用したり、同じくデオドラントスプレーを使用することでにおいが軽減される場合も多いですが、かなりにおいがきつい場合は皮膚科や婦人科に相談してもよいかもしれません。耳垢がねばついている人はすそわきがの可能性が高いといわれていますので、耳垢をチェックしてみてください。最近はデリケートゾーンのにおい対策用アイテムがいろいろと販売されていますので、上手に活用することでかなりにおいを抑えることができます。ぜひ一度ためしてみてはいかがでしょう。