デリケートゾーンのにおい対策はこうすればOK!

デリケートゾーンのにおい対策は原因に合わせて

デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は多いですが、その原因はそれぞれ異なっています。例えば、激しいスポーツで汗をかいてにおいが気になっている人もいるでしょうし、生理中で経血のにおいが気になるという人もいるでしょう。そのほか、自分では気づいていないけれど性病に感染していてにおいが出ているという人もいるかもしれません。デリケートゾーンのにおい対策は、これらの原因に合わせた対処が必要になります。まず性病についてですが、これは自己ケアでにおいを改善することは難しいですし、身体のためにまず性病を完治させなければなりません。性病にもいろいろありますが、においが出る病気で女性がかかりやすいものとしては「淋病」が挙げられます。淋病は女性の場合症状が出にくいのですが、おりもののにおいが強くなることがありますので、急におりものが増えてにおいが強くなったという人は、一度婦人科で診てもらうことをおすすめします。そのほか、性病とは異なりますが膣が炎症を起こしている場合もにおいが出ることがあります。こちらもおりものの異常が見受けられると思われますので、異常を感じたら婦人科で診てもらいましょう。スポーツによる発汗や季節に応じた発汗、生理中などの場合は自己ケアで改善する可能性が高いです。すそわきがについても自己ケアでにおいを軽減できることが多いですが、あまりひどい場合は病院で診ていただくのもひとつの方法です。

自己ケアで改善できるデリケートゾーンのにおい対策は?

自己ケアでにおいを改善できる原因であれば、清潔を心がけることや、デリケートゾーン専用のアイテムを使用することで改善できます。清潔といっても、洗いすぎると炎症を起こす原因となり、においがひどくなってしまいますので、やはりデリケートゾーン専用の石鹸を使用して、肌に負担をかけずに洗うのがポイントです。デリケートゾーン専用の石鹸は肌に必要な常在菌を残して洗い上げるので、デリケートゾーンをよい状態に保ってくれます。また、デリケートゾーン専用のデオドラントスプレーもあり、専用石鹸で洗ったあとにスプレーしておくと、においが出にくくなったり、においが気になるときにスプレーすれば、においが消えるなどの効果が期待できます。

デリケートゾーンのにおい対策アイテムを使用する際の注意点

デリケートゾーンのにおい対策アイテムは、その使用感がやさしいので効果が出ているかどうかがわからず、つい使いすぎてしまう人がいるようです。基本的にどの商品も大容量ではないので、たくさん使っているとあっという間になくなってしまいます。また、たくさん使用したからといって効果が高くなるわけではないので、必要な頻度で必要な分だけ使用するように気をつけましょう。あと、におい大作アイテムがシリーズで販売されているメーカーもありますので、併用することでより効率よくにおいを軽減することができると思います。